オールビジョンはユヌス・ソーシャル・ビジネス認定カンパニーです

ユヌス・ソーシャル・ビジネスとは

2006年にノーベル平和賞を受賞された、グラミン銀行の創立者であるムハマド・ユヌス氏が提唱する社会課題の解決を持続可能な事業展開にて行う取り組みです。
弊社は、社会的マイノリティの方々の雇用問題をビジネスを通じて解決して参ります。一人でも多くの人が笑顔になり、幸せになり、社会の役に立てるように全力を尽くします。そのために、以下の『ユヌス・ソーシャルビジネスの7原則』を目指してまいります。

ソーシャル・ビジネス・カンパニー理念

1. ソーシャルビジネスの目的は、利益の最大化ではなく、人々や会社を脅かす貧困・教育・健康・技術・環境といった問題を解決することです。
2. 財務的・経済的な持続可能性を実現します。
3. 投資家は、投資額を回収します。しかしそれを上回る配当は還元されません。
4. 投資の元本の回収以降に生じた利益は、ソーシャルビジネスの普及とより良い実施のために使われます。
5. 環境に配慮します。
6. 雇用者は良い労働条件で給与を得ることができます。
7. 楽しみながら取り組んでいきます。